AGAと治療薬プロペシア

AGAと治療薬プロペシア

プロペシアとは

プロペシアは、男性型脱毛症薬として知られており、AGA治療薬として一定の効果を上げてきた実績があります。
プロペシアは、フィナステリドとも呼ばれていて、米国のメルク社が開発し、世界各国60以上で承認されているものになります。
また、注目すべきポイントとしては、世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症薬だということです。

日本でも発売は開始されており、2001年よりプロペシアの臨床試験を開始しており、2005年に厚生労働省への承認申請が認可されるかたちで、晴れて発売となりました。
プロペシアにはいくつかの種類があって、プロペシア錠0.2mgとプロペシア錠1.0mgの2種類があります。
プロペシアの有効成分としましては、フィナステリドと呼ばれるものになっていて、アメリカに自生する植物であるノコギリヤシと呼ばれる植物の薬効成分を利用したものになります。

プロペシアについてですが、処方は健康保険の対象にならないため、処方の際に健康保険証を持参する必要はありません。
これまでにAGAに悩まされている様々な患者への処方実績があって、改善効果をみられた人達も一定以上いるので、ストレスを多く抱える現代人の男性にとっては大きなポイントになってくるのではないでしょうか。

この手の薬剤は、これまでにどの程度の実績があるか、という部分も非常に重要になってきますので、一定以上の効力も見られていますし、患者への処方実績も豊富ということで、AGAに悩まされているのならばぜひ選択肢のひとつとして考えておきたい薬剤になります。
不安の場合はクリニックでカウンセリングを受けることもできますので、まずは医師に相談してみるのがよいでしょう。