AGAと治療薬プロペシア

HOME >>  AGAと治療法 > プロペシアの効果・副作用

AGAと治療薬プロペシア

プロペシアの効果・副作用

プロペシアを利用するのならば、その効果・副作用についてはしっかりと把握しておきたいものです。
まずプロペシアの効果を確かめるならば、男性型脱毛症の原因を調べる必要があります。
男性型脱毛症の原因は、DHTと呼ばれるもので、ジヒドロテストステロンというものになります。

実際にAGAで悩んでいる男性の頭皮を確認してみると、多くのDHTが確認されたという状態が確認されていて、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することで悪さをしてしまうのです。
結合することでどのようなことが起こるかというと、成功期にある髪に退行期や休止期に移行するための信号が送られてしまうのです。
こうすることによって、まだまだ髪としての役割を終えていない状態なのに髪が抜けてしまうというわけです。

そして退行期の髪が増えてくることによって毛髪が薄くなってしまいます。
このような状態の髪にプロペシアを使うとどのようなことが起こるかというと、プロペシアによってDHTの産生を阻害され、これによって短くなってしまった成長期を正常の状態に戻していくことが可能となっています。

プロペシアを利用する際の注意点や副作用としては、20歳未満が利用した場合の安全性が確立されていないため、20歳未満は利用できないようになっています。
また、副作用として性欲減退やインポテンツが見受けられる例もあって、可能性はかなり少ないものの、リスクの一環としてしっかりと把握しておくとよいでしょう。
他にも近年は女性にも脱毛症が多くなってきていますが、こちらはあくまでも男性型の脱毛症に特化された薬剤になりますので、女性に対しての効果は確認されていないため、処方することができません。